HOME > インプレッション > PIAGGIO > MP3 250RL

PIAGGIO  

PIAGGIO MP3 250RL / ピアッジオ MP3 250RL


PIAGGIO MP3 250 / ピアッジオ MP3 250は水冷4スト単気筒SOHC4バルブ244ccエンジンを搭載する、前2輪・後1輪の3ホイールスクーターである。前輪は独特のサスペンション機構を持ち、安定性のあるコーナーリングを可能にしている。エンジンは定評のあるクォーサーエンジンで、ピアッジオやベスパの250ccモデルと基本的に同じもの。販売は2006年に開始され、初期モデルは250RL、後期モデルはグリル形状の変更や大型スクリーン、バックレストを装備し、後輪が14インチ化され250FLと呼ばれる。この他、免許制度等の関係で前輪のトレッドを465mmとした250LT、排気量拡大版のMP3 400RL/MP3 400FLが日本に導入されている。

PIAGGIO MP3 250RL / ピアッジオ MP3 250RL(2006-2008)

PIAGGIO MP3 250 写真は初期型のMP3 250RL。ある意味、これがオリジナルのスタイル。リアホイールも当初は12インチであった。コーナリング時の安定性は絶大で、直立が可能なパーキングロック機構も装備。実用域での加速も良好で、積載能力の高さと合わせ、意外なほどの利便性も併せ持っている。登場時は街中での注目度も高かった。

■全長x全幅x全高:2130x745x-mm
■軸距/シート高:1490x780mm
■車重:204kg(乾燥)
■エンジン:水冷SOHC4バルブ単気筒、244cc
■最大出力:16.2kw/8250rpm
■最大トルク:20.2Nm/6500rpm
■タイヤ:F 120/70-12、R 130/70-12


類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ