HOME > インプレッション > HONDA > SILVERWING400

HONDA  

HONDA SilverWing400 / ホンダ シルバーウイング400


HONDA SilverWing400 / ホンダ シルバーウイング400は、水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒398ccエンジンを搭載する大型スクーター。上位モデルの「SilverWing600」の車体・エンジンをベース開発されている。初代モデル「NF-01型」は2001年11月に発売を開始、600と同様、特徴的な縦2灯ヘッドライト、堂々としたスタイリングで人気を博した。ABS仕様の追加やカラー変更、マイナーチェンジを経て2009年3月に発売された「GT」の名を冠する「NF-02型」へ移行。大人の所有感を満たすモデルとして「NF-01型」からパフォーマンスや快適性、上質感を大幅にアップさせている。

HONDA SilverWing400 / ホンダ シルバーウィング400 (2001-2009)

HONDA SilverWing400   特徴的な縦2灯ヘッドライトヘッドランプの「NF-01型」。写真は2008年の最終モデル。600ccモデル譲りの近未来的で堂々とした車体、クラス唯一の並列2気筒エンジンに加え、左ブレーキレバーで適切な前後ブレーキ配分が行える「コンビブレーキシステム」やABS仕様も設定され、独自の地位を築いていた。

■全長x全幅x全高:2,275x770x1,430mm
■軸距/シート高:1,595x730mm
■車両重量:245kg(ABS仕様 249kg)
■エンジン:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒、582cc
■最大出力:28kw(38ps)/7500rpm
■最大トルク:39Nm(4.0kgm)/6000rpm
■タイヤ:F 120/80-14、R 150/70-13

●HONDA公式サイトの新車ページ
●HONDA公式サイトのプレスリリースページ

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ