HONDA  

HONDA GB250 Clubman / ホンダ GB250 クラブマン


「HONDA GB250 Clubman / ホンダ GB250 クラブマン」は、1983年12月に発売された空冷4スト単気筒DOHC4バルブ249ccエンジンを搭載するロードスポーツモデル。地味ながら根強いファンの多かった「CB250RS」の後継モデルである「CBX250RS」の派生モデルとして誕生した。クラシカルな外観を与えられてはいるが、エンジン、車体構成、構成部品の多くに当時の最新技術が導入されている。扱いやすい250ccシングルエンジンと軽量な車体、安価な価格設定、豊富なアフターパーツ等により人気を集め、幾度かのマイナーチェンジを行いながらも基本構成を変えることなく1997年まで生産されたロングセラーモデルである。

HONDA GB250 Clubman / ホンダ GB250 クラブマン(1983-1997)

HONDA GB250 Clubman   車体デザインこそ往年のカフェレーサーのイメージをもつものであるが、「RFVC」と呼ばれる放射状のバルブ配置構造のDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載した意欲作。アフターマーケットを含め「YAMAHA SR」の世界を250ccにまで拡大させることに一役買った存在意義は大きい。写真は96年最終型。

■全長x全幅x全高:2,090×685×1,035mm
■軸距/シート高:1,355/755mm
■車両重量:132kg(乾燥)
■エンジン:空冷4st単気筒DOHC4バルブ、249cc
■最大出力:30ps/9,000rpm
■最大トルク:2.5kgm/7,500rpm
■タイヤ:F 90/90-18、R 110/90-18

●HONDA公式サイトのプレスリリースページ

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ