HOME > インプレッション > HONDA > CRF250M

HONDA  

HONDA CRF250M / ホンダ CRF250M


HONDA CRF250M / ホンダ CRF250Mは、水冷4ストDOHC4バルブ単気筒249ccエンジンを搭載するモタードモデル。2013年4月より発売が開始された。ベースモデルは2012年に発売され、好評を博しているデュアルパーパスモデルの「CRF250L」。前後に17インチのオンロードタイヤを装着、キャスター、トレール等の変更に加えて専用のサスセッティングが施されている。フロントディスクブレーキも296mm径に拡大された。

HONDA CRF250M / ホンダ CRF250M (2013-現行モデル)

HONDA CRF250M   CRF250L譲りの新設計の車体、ハイパワーな水冷DOHC4バルブエンジンによりXR系よりもスポーティー度がアップした。絶対的なパフォーマンスはYAMAHA WR250Xに譲るものの、価格を含め、より万人向けのモデルといえる。フロントフォークにはブラックアルマイト処理が施され、フレーム、スイングアームにも統一されたガンメタ塗装になっている。写真のレッドの他、ブラックがあり、こちらはブラックのシートとゴールドのホイールが採用されている。

■全長x全幅x全高:2,125x815x1,150mm
■軸距/シート高:1,445/855mm
■車両重量:145kg
■エンジン:水冷DOHC4バルブ単気筒、249cc
■最大出力:17kw(23ps)/8,500rpm
■最大トルク:22Nm(2.2kgm)/7,000rpm
■タイヤ:F 110/70-17、R 130/70-17

●HONDA公式サイトの新車ページ

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~1件 (全1件)

1件~1件 (全1件)

ページトップへ