HOME > インプレッション > SUZUKI > Intruder Classic 400

SUZUKI  

SUZUKI Intruder Classic 400 / スズキ イントルーダー クラシック 400


「SUZUKI Intruder Classic 400 / スズキ イントルーダー クラシック 400」は、2001年に発売が開始された、水冷4ストV型2気筒399ccエンジンを搭載したクルーザーモデル。ベースが上位モデルの「Intruder800」であるため大柄の車体を持ち、同門のブルバードよりもクラシックテイストを前面に出している。2007年には特別仕様としてカスタム色を強調した「キャストホイール仕様」を発売(後にカタログモデル)。その後、幾度かのカラーチェンジにより販売が続けられている。

SUZUKI Intruder Classic 400 / スズキ イントルーダー クラシック 400 (2001-現行モデル)

SUZUKI Intruder Classic 400  

グラススパークルブラックを採用した2014モデル。エンブレム等の仕様が異なるだけで、基本的には従来モデルと同じ。

■全長x全幅x全高:2500x955x1110mm
■軸距/シート高:1655/700mm
■装備重量:275
kg
■エンジン:水冷4stV型2気筒SOHC4バルブ、399cc
■最大出力:24kw(33ps)/8,000rpm
■最大トルク:33Nm(3.4kgm)/6,000rpm
■タイヤ:F 130/90-16、R 170/80-15

●SUZUKI公式サイトの新車ページ


類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ