Kawasaki  

Kawasaki ER-6n / カワサキ ER-6n


「Kawasaki ER-6n / カワサキ ER-6n」は、水冷4st並列2気筒DOHC4バルブ650ccエンジンを搭載するロードスポーツ。
初代モデルはカウル付きモデルの「ER-6f(現Ninja650)」とともに2006年に登場、異型縦目2灯のヘッドライト、独特の形状を持つトレリスフレーム、ダウンマフラー、オフセット装着されたサスペンション等、新機軸を盛り込んだ意欲作であった。欧州を中心とした販売は比較的堅調で、2009年によりシャープなディティールを持った外観でフルモデルチェンジ。2011年に現在のマッシブなスタリングとフレームをはじめとする各部の刷新で現在に至る。

Kawasaki ER-6n / カワサキ ER-6n (2014モデル)

Kawasaki ER-6n   「ER-6n」のコンセプトはそのままに、新作のダブルパイプペリメターフレームを核とする、マッシブかつアグレッシブなデザインを纏って2012年モデルとして登場したモデル。エンジンはより常用域でのパフォーマンスをアップさせ、シート形状の見直しで足つき性も向上した。標準モデルの他にABS装着モデルも発売されている。製造は先代に引き続きタイカワサキが担当する。

■全長x全幅x全高:2,110x775x1,110mm
■軸距/シート高:1,410x805mm
■車両重量:204kg
■エンジン:水冷4st並列2気筒DOHC4バルブ、649cc
■最大出力:52kw(約70ps)/8,000rpm
■最大トルク:64.0Nm(約6.5kgm)/7,000rpm
■タイヤ:F 120/70-17、R 160/60-17

●Kawasaki公式サイトの新車ページ
●BRIGHT公式サイトの新車ページ

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~1件 (全1件)

1件~1件 (全1件)

ページトップへ