Kawasaki  

Kawasaki KSR-2 / カワサキ KSR-2


「Kawasaki KSR-2 / カワサキ KSR-2」は兄弟車「KSR-1」とともに1990年に発売が開始されたモデル。水冷2スト単気筒80ccエンジンを搭載する。現代のミニモタードの先駆的モデルとして知られ、50ccモデルの「KSR-1」の販売終了後も販売が続けられたが、2001年に環境規制の面から2ストエンジンの継続が難しくなり生産を終えた。なお、2003年からはタイカワサキで生産される4ストモデル「KSR110」にコンセプトは受け継がれている。

Kawasaki KSR-2 / カワサキ KSR-2 (1990-2001)

Kawasaki KSR-2   写真は最終型2001年モデル。初期型から大きな変更を受けることなく、主にグラフィックの変更で販売が続けられた。遊び道具としての面白さはあるが、日常の使用でも要改善と思えるポイントも多数。KSR110はその辺を大幅に改善させている。

■全長x全幅x全高:2,020x715x1,110mm
■軸距/シート高:1,410x785mm
■車両重量:172kg
■エンジン:水冷2
st単気筒、79cc
■最大出力:7.4kw(10ps)/8,000rpm
■最大トルク:9.3Nm(0.95kgm)/7,000rpm
■タイヤ:F 100/90-12、R 100/90-12

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ