HOME > インプレッション > Kawasaki > ESTRELLA

Kawasaki  

Kawasaki Estrella / カワサキ エストレヤ


「Kawasaki Estrella / カワサキ エストレヤ」シリーズは、空冷4st単気筒OHC2バルブ249ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル。外観は60-70年代の国産車や英国車をイメージさせるクラシカルなもの。最初期モデルは1992年に発売され、400ccクラスのヤマハSRとともにこの手のモデルの中心的存在である。一時期は仕様違いのカスタム、RSが併売されたが、2007年以降のモデルは一本化されている。2014年にはエンジンの仕様変更を受けている。

Kawasaki Estrella / カワサキ エストレヤ (1995-2006)

Kawasaki Estrella   写真は2005年モデルのエストレヤRS。価格はそれなりだが、造りの良さと、扱いやすい車体構成、出力特性で、ビギナーや女性ユーザーにも幅広く受け入れられているロングセラーモデル。

■全長x全幅x全高:2075x775x1035mm
■軸距/シート高:1,410x785mm
■車両重量:142kg
■エンジン:空冷4スト単気筒OHC2バルブ、249cc
■最大出力:15kw(20ps)/7500rpm
■最大トルク:20.0Nm(2.0kgm)/6000rpm
■タイヤ:F 90/90-18、R 110/90-17

●Kawasaki公式サイトの新車ページ(現行モデル)

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ