HOME > インプレッション > KYMCO > DownTown125i

KYMCO  

KYMCO DownTown125i / キムコ ダウンタウン125i


「KYMCO DownTown125i / キムコ ダウンタウン125i」は、水冷4スト単気筒4バルブ125ccエンジンを搭載する原付二種スクーター。2010年より販売が開始された。スタイリングは現代的かつスタイリッシュになり、かつての「GD250/GD125」系やG-Dinkの面影はない。300ccと共通の車体は全てが大柄。その分、剛性感や安定性に優れたものになっている。快適・実用装備は充実し、しっかりした作りやサポート体制も良好。国内ではこういった大柄の125ccモデルはほとんどなく、直接的なライバルは「SYM GTS125i」あたりか。

KYMCO DownTown125i / キムコ ダウンタウン125i (2010-現行モデル)

KYMCO DownTown125i   まずはその大きさに圧倒される。肥大化した一部の国産250cc勢と同等以上。新型の水冷4バルブエンジンは15psを発揮し、そこそこの動力性能が与えられている。多少、高価な気もするが、スタイリッシュで大柄なボディの原付二種スクーターを求める層には数少ない選択肢の一つ。

■全長x全幅x全高:2200x810x1150mm
■軸距/シート高:1545/775mm
■乾燥重量:158kg
■エンジン:水冷4st単気筒SOHC4バルブ、124cc
■最大出力:11kw(約15ps)/9000rpm
■最大トルク:11.6Nm(約1.23kgm)/7000rpm
■タイヤ:F 120/80-14 、R 150/70-13

●KYMCO JAPANの公式新車ページ

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ