HOME > インプレッション > SUZUKI > GrassTracker

SUZUKI  

SUZUKI GrassTracker / スズキ グラストラッカー


「SUZUKI GrassTracker / スズキ グラストラッカー」は、空冷4スト単気筒SOHC249ccエンジンを搭載するストリートモデル。もともとはオフロード走行も可能なデュアルパーパス車的要素を持つ。2000年に初代モデルがリリースされた。この頃「YAMAHA TW200」をはじめとするストリートモデルのブームにより、小型・軽量・比較的安価なモデルとして人気を博する。初期型は「ボルティー」と多くのパーツを共用し、2001年には装備の簡素化と低価格化が図られた。2004年にはエンジンを「ST250」のものに換装。軽量化と低中速域重視のセッティング、実用装備が向上している。2008年9月に「ST250 E-Type」のインジェクションエンジンを得てリスタート。コストと重量増は避けれなかったが、タンク容量の拡大、始動性の向上などメリットも多い。上級モデルとしてカスタムテイストを盛り込んだ「グラストラッカー ビッグボーイ」がある。

SUZUKI GrassTracker / スズキ グラストラッカー (2008-現行モデル)

SUZUKI GrassTracker   インジェクションエンジンを搭載した2009型。実用域のトルク強化、始動性と環境適合性の向上が図られている。タンク容量も8Lに拡大された。細かな変更はあるものの、基本的にはカラーリングの変更のみで現在に至る。

■全長x全幅x全高:2050x900x1130mm
■軸距/シート高:1325/750mm
■乾燥重量:136kg
■エンジン:空冷4st単気筒SOHC2バルブ、249cc
■最大出力:14kw(19ps)/7500rpm
■最大トルク:21Nm(2.1kgm)/6,000rpm
■タイヤ:F 3.00-18、R 120/80-17

類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの優良中古車在庫を見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
類似カテゴリーの格安新車ページを見る
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

1件〜1件 (全1件)

ページトップへ